保存と予防のアイコン栃内歯科医院保存と予防

歯の健康は、一生です。

虫歯を治すなどの治療だけではなく、今後も繰り返さないように、むし歯ができやすい歯にはむし歯ができにくい環境を整えることが必要です。歯周病や入れ歯など定期的なメンテナンス、補修を行うことによって、二次的な歯の病気から守っていくことができます。
予防治療とは、「歯が痛い」「冷たいものがしみる」というような症状が発生する前に、
そういったお口のトラブルの原因を作らないように予防することです。
お口のトラブルが発生してしまうと、治療に時間がかかったり、場合によっては神経を抜くことになったりと、時間も体力的にも非常に負担がかかってしまいます。そんな状態に陥らないために予防歯科はあります。

四角1 四角2

栃内歯科医院の保存歯科

保存治療「自分の歯を残す治療」

歯科医院には、失った歯の機能を回復するための治療法がいくつもあります。
ですが、それらよりご自身の歯を守ることも大切ではないでしょうか?例えば、歯が折れ、根っこだけになってしまった歯。この歯にそのまま被せものをしてしまうと、被せものがすぐ取れてしまったり、残った根に必要以上の負担をかけてしまったりします。
栃内歯科医院では、こういった歯でも長く快適に噛んで頂くために、小さな矯正で歯をゆっくり引き上げ、歯茎を下げご自身の歯を出し、その上に被せものをすることがあります。
被せものをする歯が以前より表面にでるため、安定させることができます。
また、親知らずを抜歯し、整形し直し移植することもあります。

栃内歯科医院の予防歯科

インプラント

予防歯科早期発見・早期治療

「健康は歯から」と言っても過言ではありません。知らず知らずのうちに進行していく歯周病に対する知識と関心をお持ちでしょうか?歯周病をいかに予防するかで、自分の歯をどれだけ残せるか大きく変わってきます。
磨き残しでできるプラーク(細菌の巣)が歯周病の進行の原因になるのです。今や30代で80%以上の人が歯周病にかかっているというデータもあります。
口の中にとどまらず、歯周病は全身疾患の引き金になるも知られてきました。乳歯が揃い始めたお子さんから歯科健診を習慣にしていくと一生自分の歯で快適な食生活を送ることが出できます。「健康は歯から」を実感して頂けます。
当院では、定期的に楽しく健診を受けられる雰囲気づくりを心がけています。

インプラント

虫歯や歯周病、あるいは事故などが原因で失われてしまった歯を取り戻したい場合で、取り外しの義歯やブリッジ治療の代わる選択肢として施術できるのがインプラント療法です。あごの骨に人工のインプラント体を埋めて、歯の根の代わりにする治療です。軽手術をともないますので、治療に時間がかかりますが、本来の歯に似た機能を回復することができます。

当院で使用するインプラントについて

栃内歯科医院では、安全性を考慮して、純国産のインプラント製品を利用しています。
工場内の製造環境はクラス10,000の高レベルの清浄度水準を確保。また、品質要求度が高いインプラント、メンブレンなどの製品の無菌性保証水準をクリアすべく検査では滅菌バリデーション(ISO11137)の厳しい基準(1,000,000分)に従い無菌性を保証しています。

© TOCHINAI DENTAL CLINIC